クレジットカードが払えない【支払いできないと滞納後、提訴…】

MENU

クレジットカードが払えないと面倒な事になる

クレジットカードが払えないとなると延滞後は、ハガキで支払いの案内が届きます。引き落とし日の案内か振込票が入っていますので支払い期日まで入金すればそれで終了です。クレジットカードも通常通り使えます。

 

最低でもこの2回目の支払い期日までにクレジットカードが払えないと督促の電話が入る事になるでしょう。督促の電話を逃げてしまうと今後のクレジットカードの支払い交渉ができなくなってしまいます。

 

ずっと電話を無視したところで今度は裁判所に変わるだけなのです。後々、クレジット会社との交渉で不利になるので気を付けましょう。

 

まずはクレジット会社の方に払えない状況と、いつなら払えるなどの相談をしてみてください。払えない間は遅延損害金が発生します。支払いが長引くとそれだけ利息が膨らんでいきますので早めに返済していきましょう。

 

クレジット会社の対応は?

 

クレジットカード会社の立場から考えると、このまま払えないで回収できないよりは何らかの救済の手立てを考えて少しでも支払いして欲しいところです。ただ、それぞれのクレジットカード会社により払えない状況の対応がまちまちではあります。

 

できるだけ、いついつ返済できるといった明確な交渉をしてみてください。1度で払えないなら分割や少し日数を待ってくれるかもしれません。

 

クレジットカードが払えないまま放置する危険

 

クレジットカードが払えないままの状況で電話連絡も断ち切ると強制的にクレジットカードを解約されてしまいます。もしも、他にもクレジットカードを持っているなら解約される事もありますので頭に入れておきましょう。

 

クレジットカードの延滞や強制解約情報はガラス張りで、新たなクレジットカードも作る事ができません。携帯電話なども分割購入ができなくなります。

 

滞納3ヵ月後には提訴され裁判所から一括請求の督促状が届きます。

 

クレジットカードが払えないと面倒な事ばかりですよね。早めに支払うように心がけましょう。

 

 

クレジットカード払えない TOP

 

 


大至急にお金が必要!今すぐお金を借りるSOS