学費が払えないとどうなる?

MENU

学費が払えない場合

大学の学費にしても私立高校の学費にしても、いつの時点で払えない状況なのかを把握してこれからどうするかを検討していかなければなりません。いずれにしても、できるだけ学費の納付期限に余裕を持って行動していく事が大切です。

 

大学の場合、学費の免除や奨学金を用意しているところがあります。大学のホームページに記載されていると思いますので該当するか調べてみてください。

 

次に、納付期限が迫っているなら延納や分納願いを提出する事で、大学の学費を先延ばしにする事ができます。

 

学費の納付を伸ばした後で、奨学金や国や銀行の教育ローンの準備をする事をおすすめします。ただ、国の教育ローンは返済責任が子供になるため十分な話し合いが必要になるかと思います。

 

国はもちろんですが、民間の教育ローンは据え置き制度が設けられているので卒業まで利息のみ返済の選択肢があります。当分の間、返済ができない場合は据え置き制度を利用して卒業後に子供と二人三脚で返済するのも有りなのではないでしょうか?

 

学費を払えない時こそ子供にもバイトを

 

とある、医療系の大学に通っていた男性が就職の試験の際に面接で聞かれた事…

 

面接先:とある病院
面接官「アルバイトは何をされていましたか?」

 

知り合いの大学生は、大学4年間ずっとアルバイトをしてこなかったため、ことごとく就職試験に落ちてしまいました。そして、その後に受けた病院から同じアルバイト経験の質問をされた様です。

 

学費が払えない心配が無かったので無理もありません。

 

アルバイトはその後の就職活動で必ずプラスになりますし、学費の一部を家に入れてもらったら如何でしょうか?本人の人生経験を積むことができますし、現在の就職活動においてアルバイト経験を求めるニーズが高いですね。

 

しかもアルバイト経験を求めるのは職種の分野はない傾向になっています。学費が払えないような状況で子供の就職を第一に考えるならおすすめですね。

学費を払えない間のつなぎ融資

 

学費の免除・奨学金・教育ローンは実際に融資を受けるまで期間がかかります。つなぎでどこからか学費の融資を受ける方法はどうでしょうか?できれば融資が下りる前に無利子の期間があれば利息は無料です。

 

 

 

必見!大至急、すぐに必要なお金を工面する方法※最短1時間で借り入れ