携帯代払えない|そのまま未払いにするといつ止まる

MENU

携帯代払えない場合

携帯代が払えない場合、当然ながらやがて電話が止まります。そのまま未払いにすると契約も強制的に解約されます。そしてその後は契約状況により裁判所に提訴される場合があるので気を付けてください。色々と面倒な事が待ち受けてしまいます。

 

ソフトバンクの料金が払えない場合
ソフトバンクは携帯代の支払日から20日以内に督促状が届きます。期日まで払わないと電話とメールが先に止まる様です。相手からのかかってきた電話には出れます。最初の支払日から1カ月半くらいで強制解約です。

 

auの料金が払えない場合
auの場合は携帯代の支払い日の翌月10日に電話回線が止まります。翌々月の中旬に契約解除の通知が送られてきます。この時点で前々月分でも払えたら支払いをしておきましょう。最初の支払日から2ヶ月くらいで強制解約になります。

 

ドコモの料金が払えない場合
ドコモの場合は携帯代の支払日の翌月上旬に督促状が届きます。その督促状に電話が止まる日が記載されていますがそのまま料金が払えない場合、支払日の翌月中旬に利用停止書が送付されます。そして下旬には強制解約になるので支払日から1カ月くらいで強制解約です。ドコモが1番厳しいですね。

 

携帯代払えないで強制解約になるとどうなるのか

 

携帯代が払えないせいで強制解約になると、会社が裁判所に提訴を起こす場合があり最悪は口座や給料の差し押さえになるケースがあります。

 

また、信用情報に傷がつく事によって新たな携帯の契約をするのが困難です。どうにかお金を工面して携帯代を払った方がいいですね。

 

 

 

必見!大至急、すぐに必要なお金を工面する方法※最短1時間で借り入れ